コンテンツ メニュー
シンポジウムのご案内
沿岸海洋研究会について
刊行物
沿岸海洋研究
投稿規程・編集委員会
バックナンバー
 
様々な沿岸海洋を知って・考えて下さい
沿岸海洋でどんな事が起こっているのか?
沿岸海洋に関するよくある疑問質問
未来の為に、沿岸海洋情報交換
疑問・質問・情報交換

最近行われた
「沿岸海洋シンポジウム」
のプログラム

最近行われた
「沿岸海洋シンポジウム」
のプログラムを掲載中。

>> 詳しくはコチラから

「沿岸海洋研究」購入
会員の住所変更
退会希望等
の事務局へのご連絡は
【事務局への連絡】から
お願い致します。

日本海洋学会
沿岸海洋研究会

【事務局】
〒424-8610 静岡県静岡市
清水区折戸3丁目20-1
東海大学海洋学部内
日本海洋学会沿岸海洋研究会
総務部

HOME>> シンポジウム実績>> 2007年3月26日

沿岸海洋シンポジウム「流れ寄るモノの沿岸海洋学−海岸漂着物の現状・対策・未来−」

主催/日本海洋学会沿岸海洋研究会
コンビーナ/清野 聡子(東大・院・総合文化)・磯辺 篤彦(九大・院・総理工)
日時/2007年3月26日(月) 9:00〜17:00
場所/東京海洋大学 品川キャンパス 講義棟2F 22番教室

■プログラム

部会長挨拶 (9:00〜9:10):柳哲雄 (九大・応力研)
趣旨説明 (9:10〜9:20):清野聡子 (東大・院・総合文化)

座長 清野 聡子 (東大・院・総合文化)

1. 「市民参加の漂着ごみ調査 国際海岸クリーンアップから見えてくるもの」
(9:20〜9:50) 小島 あずさ (JEAN・クリーンアップ全国事務局)
2. 「大規模に漂着した流木等及びゴミの処理対策について」
(9:50〜10:20) 岸田 弘之 (国土交通省・河川局・海岸室)
3. 「定置網と漂流・漂着物」
(10:20〜10:50) 野村 譲(野村水産)
4. 漂着鯨類の情報収集・蓄積と社会的活用
(10:50〜11:20) 石川 創 (日本鯨類研究所)

−昼食(11:20〜13:00)−

午後の発表のガイダンス(13:00〜13:10):磯辺 篤彦 (九大・院・総理工)

座長 磯辺 篤彦 (九大・院・総理工)

5. 「海流による漂着物の移動メカニズム」
(13:10〜13:40) 道田 豊 (東大・海洋研)
6. 「海表面の流れと漂着物の移動メカニズム」
(13:40〜14:10) 吉川 裕 (九大・応力研)
7. 「海岸近くの流れと陸起源漂着物の移動メカニズム」
(14:10〜14:40) 西 隆一郎 (鹿児島大・水産・環境情報科学)

−休憩(14:40〜15:00)−

座長 磯辺 篤彦 (九大・院・総理工)

8. 「HFレーダーよる漂流ゴミ回収効率化の試み」
(15:00〜15:30) 日向 博文 (国土交通省・国総研)
9. 「オホーツク海における流出油・汚染物質の粒子追跡モデル」
(15:30〜16:00) 大島 慶一郎・小野 純 (北大・低温研)・清水 大輔(水研セ・日水研)
10. 「東シナ海における漂流ブイの追跡モデルとその応用」
(16:00〜16:30)
張 弼勲 (愛媛大・CMES)・磯辺 篤彦(九大・院・総理工)
松野 健(九大・応力研)・清水 学(中央水研)

座長 清野 聡子(東大・院・総合文化)・磯辺 篤彦(九大・院・総理工)

11. 総合討論
(16:30〜17:00)

このページのトップへ